血管年齢が高くなる原因として、生活習慣の乱れがあります。

暴飲暴食、喫煙、過度なアルコール摂取、栄養バランスの悪い食事、運動不足、睡眠不足などがそれにあたります。

生活習慣の乱れにより生じるのが、悪玉コレステロールや中性脂肪の数値や血糖値や血圧の上昇です。

それが、血管年齢が高くなる原因と生活習慣の乱れとの関係性です。

血管年齢が高くなれば糖尿病やメタボリックシンドロームや高血圧や高脂血症や動脈硬化などの生活習慣病につながってしまいます。

とくに注意が必要なのが動脈硬化です。

動脈硬化は血管内に血栓ができたり血管がしなやかさを失い硬くなったり狭くなったりすることで血液の流れが悪くなってしまうという疾患です。

症状が進行すると心筋梗塞や脳梗塞などの突然死を招くリスクもある重大な病気を発症させる原因にもなってしまいます。

食事と運動に合わせてサプリの摂取がおすすめ

ですので、血液検査などで数値に異常がみられる場合は早めの対策が必要になります。

そこでおすすめなのがサプリの摂取です。

糖質の吸収を抑える効果があるギムネマや食物繊維、脂質の吸収を抑える効果があるキトサン、代謝を促す効果があるビタミンB群、悪玉コレステロールや中性脂肪の数値や血圧を下げる効果があるDHAやEPA、ナトリウムを排出させる効果があるカリウムなどが配合されているサプリがおすすめです。

サプリの摂取にプラスして栄養バランスのとれた食事を心がけたり適度な運動をして代謝を促進させたりすることも大切です

血管年齢が高くなる原因やメカニズムをきちんと理解して対策に努め、生活習慣病に負けない健やかな体づくりをしていきましょう。

http://www.quartzwaveplates.com/が参考になりました。